Student Voice

同じ夢と目標を持った仲間が沢山。
現場で活躍できる知識と技術を身に付ける。

多くの卒業生を介護現場に輩出している、和歌山YMCA国際福祉専門学校では、同じ夢を持って学ぶ在学生がお互いに協力し合い夢を実現するために頑張っています。

大倉 希咲 さん大倉 希咲 さん
spe

Student Voice

大倉 希咲 さん
和歌山県立 熊野高等学校 出身

介護現場のリアルを知り、学びへの意欲がアップ!
将来はケアマネージャーに。

介護現場のリアルを知り、学びへの意欲がアップ!

介護のプロとして活躍している母親の姿に憧れて、私も同じ道へ進もうと決めました。和歌山YMCA国際福祉専門学校の授業は役に立つものばかりですが、なかでも実際の現場を体験する「学外実習」が強く印象に残っています。精神が不安定な利用者さんからお茶を掛けられるハプニングも含めて、楽しく学ぶことができました。障がい者施設での就職を視野に入れるようになったのも、貴重な体験のおかげです。卒業後は介護福祉士の国家資格を取得し、将来的にはケアマネージャーを目指そうと考えています。

山本 祐矢 さん山本 祐矢 さん
spe

Student Voice

山本 祐矢 さん
和歌山県立 日高高等学校 出身

早くから高齢者福祉施設や障がい者施設で実習を体験し、
福祉への視野が広がりました。

早くから高齢者福祉施設や障がい者施設で実習を体験し、将福祉への視野が広がりました。、

和歌山YMCA国際福祉専門学校のオープンキャンパスで、福祉用具を使った歩行を体験。身体の不自由な人の介助について、もっといろんな用具や方法を知り、生活を支えたいと思ったことが入学の理由です。好きな授業は、「介護実技」です。介護の現場で役立つ知識を得るにあたり、介助される側、つまり利用者さんの立場になって学ぶことができるからです。1年次という早い段階で、高齢者福祉施設や障がい者施設で実習を体験し、福祉について多様な視点から見つめ、考える機会を得られたことにも満足しています。

畑原 涼汰 さん畑原 涼汰 さん
spe

Student Voice

畑原 涼汰 さん
和歌山県立 日高高等学校 出身

介護と福祉、医療も学び、
高度な「人のお世話をする」スペシャリストを目指す!

介護と福祉、医療も学び、高度な「人のお世話をする」スペシャリストを目指す!

子どもの頃から「人のお世話をする」ことに関心があり、そのプロとして介護福祉士になろうと思いました。現在は、夢の実現に向けて勉強を頑張っています。和歌山YMCA国際福祉専門学校には、さまざまな国からの留学生がいて、みんな日本語が上手なので、お互いの国の歴史や文化などを楽しく話しています。卒業後はまず、高齢者福祉施設に就職したいと考えています。経験を積みながら福祉系や医療系の資格も取得し、それらを有効に活かして、より高度な「人のお世話をする」スペシャリストを目指します。

冷水 杏名 さん冷水 杏名 さん
spe

Student Voice

冷水 杏名 さん
和歌山県立 海南高等学校 大成校舎 出身

介護の課題と解決策を学び、
高齢者や障がい者の役に立つ介護福祉士なることが目標!

介護の課題と解決策を学び、高齢者や障がい者の役に立つ介護福祉士なることが目標!

高校時代の選択授業で福祉を選んだ私は、介護福祉実習の時にやりがいを感じ、福祉の仕事がしたいと思いました。和歌山YMCA国際福祉専門学校の授業で一番好きな科目は「共生と社会Ⅰ」です。福祉の業界や現場の課題について、グループで楽しく話しあう中で、自然と専門知識が身についていくからです。将来は介護福祉士を目指しており、高齢者の方や障がいを持つ人の役に立つことが目標です。在学中に「利用者さんに負担をかけない介助方法」などをしっかり身に付け実社会で活躍できる介護福祉士になりたいです。

黒田 祐有 さん黒田 祐有 さん
spe

Student Voice

黒田 祐有 さん
和歌山県立 貴志川高等学校 出身

実習先の職員さんから学んだ「目配り・気配り・心配り」は、
プロとして必ず実践します!

実習先の職員さんから学んだ「目配り・気配り・心配り」は、プロとして必ず実践します!

介護のプロを目指す私にとって最も重要であり、大好きな授業が「介護実技」です。学生同士が介護者役と利用者さん役に分かれ、介護作業を行いながら関わり方のトレーニングします。先生からの指導は解りやすくとても勉強になります。「学外実習」では職員の方から沢山の事を教わりましたが、なかでも「目配り・気配り・心配り」の重要性は、仕事風景を直接見ることで実感できました。勉強以外では、研修旅行やYMCAカーニバルなどのイベントが沢山あり、楽しい学生生活を過ごしています。

ファム・ティ・フェン・チャン さんファム・ティ・フェン・チャン さん
spe

Student Voice

ファム・ティ・フェン・チャン さん
ベトナム 出身

食事やトイレ、入浴の介助などどの国でも通用する技術を習得!
祖母のお世話にも役立てたい

食事やトイレ、入浴の介助などどの国でも通用する技術を習得!祖母のお世話にも役立てたい

母国のベトナムで介護福祉の仕事に就きたいと思った私は、専門的な知識と技術を学 びたくて訪日し、和歌山YMCAに入学しました。授業の中では、特に食事やトイレ、入浴の介助技術を身に付けられることが有難いですね。どれも日常生活に欠かせない行為なので、卒業後しばらく日本にいる間も、帰国してからでも絶対に活かせると思います。また、私は子どもの頃から大好きな祖母と暮らしてきたので、将来的に身のまわりのお世話をする時にも、本学での学びが役に立つと考えています。

ダン・ティ・トゥ さんダン・ティ・トゥ さん
spe

Student Voice

ダン・ティ・トゥ さん
ベトナム 出身

「学外実習」でやる気が上昇!
日本の介護現場で実践力を磨き、将来は母国の福祉に貢献したい

「学外実習」でやる気が上昇!日本の介護現場で実践力を磨き、将来は母国の福祉に貢献したい

高齢者のお世話が好きで、母国(ベトナム)で看護を学んでいましたが、実際に介助を 行う機会が少なく、超高齢化社会を迎えている日本へ来ました。現在は介護福祉士を目指して、和歌山YMCAで学んでいます。日本語の勉強もあってたいへんですが、日本人の友達ができたことは本当に嬉しいです。「学外実習」では、介護の現場に触れてモチベーションがアップしました。卒業後は日本の介護現場で実践的にスキルを磨き、将来的には帰国して介護福祉分野の発展に貢献したいと考えています。

お問い合わせ

和歌山YMCA
国際福祉専門学校

〒640-8323
和歌山県和歌山市太田1丁目12-13
073-473-3338

受付時間: 午前10時~午後5時
※日・祝休館となります。
年末年始の終日は、受付しておりません。