OB・OG Interview

信頼される介護福祉士として
身体だけでなく精神も支えていきたい。

老人ホームの利用者様に対して、ADL(日常生活動作)低下の予防と支援に取り組んでいます。和歌山YMCAで身に付けた傾聴の姿勢や目線、接し方を活かして笑顔を引きだした時は、本当に嬉しく思います。その体験を活かして、私自身が企画したレクリエーションも好評で、大きな達成感も味わえました。利用者様との間に信頼関係が生まれたことを実感し、あらためて学んだことの大切さに気付きました。今後も在学中に修得した知識と技術を基本としながら、利用者様の身体だけでなく精神も支えられる介護福祉士になりたいと考えています。

信頼される介護福祉士として身体だけでなく精神も支えていきたい。

介護付有料 老人ホーム BLISS ぶらくり
田中 萌瑛 さん
(介護福祉士科 2019年卒業)

課題の解決に向けて対話と行動を重ね、
より良い介護サービスを追求し続ける。

誰かの役に立ちたい。助けてさしあげたい。そう考えていた私は今、介護福祉士としての仕事にやりがいを感じています。介護の業務に取り組む中で、利用者様とお話しするのはもちろん、スタッフとの意見交換も多々あります。そんな時、学生時代にグループワークを主体とした授業で身に付けたコミュニケーションスキルが役に立ちます。じつは最初の頃、自分の考えを話すのは苦手だったのですが、在学中に自然と克服できました。今では課題の解決に向けて積極的に発言できるようになり、自分のアイデアが評価、採用されることに喜びを感じています。

課題の解決に向けて対話と行動を重ね、より良い介護サービスを追求し続ける。

介護付有料 老人ホーム BLISS ぶらくり
井上 琴音 さん
(介護福祉士科 2019年卒業)

学生の時に学んだことが仕事の土台に。
利用者様にとって理想の施設を実現したい。

現在は介護主任として、介護業務、職員及び実習生の指導、会議への参加、ケアマネージャー業務を行っています。仕事は決して楽ではありませんが、喜びもたくさん感じることができます。利用者様から感謝の言葉をいただけることもありがたいことですが、在宅復帰が可能になってご自宅へ帰られるときがもっとも嬉しい瞬間です。現場に出て感じるのはYMCAで学んだことがすべて土台になっていること。今後は、利用者様の自己実現を叶えるため、それに応えられる職員を育成していくこと。働く人にとってもやりがいを感じられる職場となるようにしていくことが目標です。

学生の時に学んだことが仕事の土台に。利用者様にとって理想の施設を実現したい。

介護老人保健施設 ラ・エスペランサ
北山 浩佑 さん
(介護福祉士科 2002年卒業)

和歌山YMCAで学んだスキルを活かして
介助や支援、新人指導に全力投球!

介護福祉士として6年目を迎えている今、私は利用者様の日常生活の介助や支援に取り組んでおり、和歌山YMCAで学んだコミュニケーション技術や介護過程の講義で学んだ知識が活かされています。日々の業務で心掛けているのは、利用者様との距離感の取り方や安心感をもってもらえる接し方、そして何より誠実で丁寧な言葉選びです。その結果、利用者様や同僚との間に信頼関係が生まれ、少しずつですが新人指導も任されはじめています。これからも積極的に新しい知識や技術を吸収することで、後輩に頼られ、目標としてもらえる介護福祉士になりたいです。

和歌山YMCAで学んだスキルを活かして介助や支援、新人指導に全力投球!

介護老人保健施設 和歌川苑
荒木 隆之介 さん
(介護福祉士科 2016年卒業)

観察力・コミュニケーション力・介助技術力
すべてを磨いて利用者様に寄り添ったケアを。

別の仕事に就いていた私は、手に職がつく仕事がしたいと考えて介護福祉士に興味を持ち、和歌山YMCAに入学。さまざまな介護技術はもちろん、認知症や障がいなどについての知識を学び、介護老人福祉施設に再就職できました。在学中、最も印象に残っている授業は、初めての施設実習です。「この仕事、面白いかもしれない」と感じ、その後の授業が楽しくなりました。介護における重要なポイントに、観察力・コミュニケーション力・介助技術力があります。この3点を磨くために自己研鑽を行い、日々変化する利用者様に寄り添ったケアを行えることがやりがいです。

観察力・コミュニケーション力・介助技術力すべてを磨いて利用者様に寄り添ったケアを。

介護老人保健施設 和歌川苑
岩橋 寿 さん
(介護福祉士科 2014年卒業)

お問い合わせ

和歌山YMCA
国際福祉専門学校

〒640-8323
和歌山県和歌山市太田1丁目12-13
073-473-3338

受付時間: 午前10時~午後5時
※日・祝休館となります。
年末年始の終日は、受付しておりません。